不要な食器を高価買取!
おすすめ買取業者をご紹介!!

イチオシ!オススメ食器買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
     
    • 使用済みやキズ・汚れのある物、箱無し、カップ1点からでも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 初回お申込みの方限定で買取金額10%アップ!
    • その他の買取対象品と合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 基本、ノーブランド食器は買取不可
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※※宅配買取の品物返送時の送料はお客様負担
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★★
      buysell
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・持ち込み買取(宅配買取は利用不可)
    買取条件 基本、ノーブランド食器は買取不可
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 24時間 年中無休
    入金方法 出張買取・持ち込み
    買取共に即日現金払い
    キャンセル 可能

使い道のない食器が増えて困っていませんか?

  • ギフトや引き出物で頂いたブランド食器を売却したい
  • 引っ越しに伴い、使わなくなった食器を片付けたい
  • 遺品整理で陶器や和食器が大量に出てきた
  • 趣味で収集していたアンティーク食器の処分を検討している
  • 未使用の洋食器が箱に入ったまま何年も眠っている
このような理由から、不要な食器の扱いに困っている方は多いと思います。
特に結婚式に参列した際、引き出物でブランド食器を頂いたものの好みに合わなかったり、使いづらかったり、または頂く度に人気ブランドの物がダブってしまって、結局使わずに押し入れに仕舞い込んでいるケースは多いでしょう。

また、結婚式において割り切れる偶数は縁起が悪いとタブーにされているため、引き出物も奇数の5点セットが最も多く出回っていますが、一人暮らしだとそんなに使わないし、4人家族だと1つ余ってしまうなどで使いづらいと感じている方も多いはず…
しかも食器はかさばるので保管場所にも困ります。しかし、「いつか使うだろう」と思って仕舞っていても、恐らくそのいつかは訪れることなくずっと仕舞い続ける結果になるでしょう。

捨てるだけなら簡単ですが、高級な食器をゴミにしてしまうのは非常にもったいないです。そこで、使っていない・使うことのない食器は食器買取専門の業者へ売却することをおすすめします。
こちらでは、おすすめの食器買取業者から高く売るコツまでご紹介していますので、食器の処分方法を探している方は是非参考にしてみてください。

   

宮城県で食器を買取できるお店はどこ?

不要になった食器を売る場合、売却先の候補として以下の4つが挙げられます。 リサイクルショップ フリーマーケット オークションやフリマアプリ 食器買取業者 こちらでは、それぞれで売却する際のメリットとデメリットをご紹介していますので、選択肢の1つとしてご参考ください。
  • リサイクルショップ
    ★★
    リサイクルショップは基本的に何でも買い取ってくれるので、引き出物の食器なども売ることができます。
    しかし、リサイクルショップの食器買取は基本、未使用で箱に入っているものに限られています。カップが1点でも欠けていれば値段は付きませんし、未使用でも箱無しの場合は買取不可になりやすいです。
    また、リサイクルショップは高級ブランド食器でも使用済みの物や、キズ・欠けがある物は買取不可になることが多いので、処分目的ではなく高く売りたいという場合にはあまり向いていません。
  • オークションやフリマアプリ
    ★★
    最も高く売りたい場合におすすめなのが、オークションやフリマアプリの利用です。 これらは手数料や送料が発生する場合がほとんどですが、自分で希望価格を設定できるため、上手く行けば候補の中で一番高く売ることができます。 しかし、オークションやフリマアプリはあくまで個人間でのやり取りとなるため、トラブルの元になりやすいキズや汚れ、箱の有無には一層の注意が必要です。 購入する人の中にはコレクション目的の人も多いため、ほんの少しのキズでもクレームの原因になることがありますし、万が一コピー商品と知らずに売ってしまった場合は、返品クレームや低評価の書き込みなどのトラブルに繋がってしまうこともあります。 そのため、オークションやフリマアプリで売却する場合は、その品に対するある程度の知識が必要ですし、商品の撮影から説明書き、購入者とのやり取り、いつも以上に厳重な梱包、発送手続きと非常に手間がかかります。 1セットだけならまだしも、大量にある場合はアップするだけでも大変です。そういった手間をかけてでも高く売りたい方にはおすすめですが、そうでない方には少々不向きと言えます。
  • フリーマーケット
    ★★
    不要な食器を売る方法として、最もポピュラーなのがフリーマーケットです。 上記のオークションやフリマアプリと同じく、自分で希望価格を設定できる上、その場で商品を手渡しするので送料や発送手続きの必要がなく楽チンです。 しかしフリーマーケットは出店料が意外と高く、会場によっては2,000~3,000円以上かかる所もありますので、売れなければ赤字になる可能性もあります。 また、フリーマーケットに来るお客さんは安く買うことが目的なので、値下げ交渉は当たり前にされます。その結果、希望価格からだいぶ下がってしまうこともありますし、売れなければ重たい食器を持って帰る羽目になります。
  • 食器買取業者
    ★★★
    食器買取業者はその名の通り、洋食器や和食器などをメインに買取を行っている業者です。 食器買取専門なだけあって、ノーブランドの食器は買取不可な場合がほとんどですが、その分ブランド食器は多少使用済みであっても、キズ・汚れがあっても買い取ってくれます。 また、業者の中には骨董品に分類される陶器やイヤープレートも買い取っている所があるので、そういったお店は鑑定技術が高く、その食器の状態に合った適正価格を付けてくれます。中には古美術品としての価値が付くものもあるので、いらないと思っていた食器が驚くような価格で高価買取される可能性もあります。 唯一のデメリットは業者によって買取価格に差があるため、買取終了後にもっと高価買取してくれるお店を見つけて後悔したり、下手すればリサイクルショップよりも安く売ってしまう可能性があるという点です。 しかし、これは予め無料査定を依頼し、相見積もりを取ることによって防げますので、そこまで大きなデメリットにはならないでしょう。

杜の都とも言われる仙台がある宮城県とは?

東北の都と言えば宮城?

仙台市がある宮城県と言えば、東北の中でも非常に栄えているイメージのある場所です。
県庁所在地が仙台市にあります。
宮城県は広い平野部があるのが特徴的な場所です。
そんな地形を生かし、稲作などが盛んに行われている米所にもなっています。
非常に栄えている場所ですが、大正9年ごろまでは東北地方の中で人口の多さは3番目でした。
大正14年にはそれまで2位だった山形県を抜き、昭和55年には東北内で最も人口の多かった福島県を抜いて宮城県は東北内の人口数が1位になっています。
人口の特徴としては、県庁所在地がある仙台市に全体の45%程度の人口が集中しているという特徴があります。
また、東北大学などといった大学や専門学校などが多数あることから人口の若者比率が高いのも特徴です。

漁業の盛んな宮城県

県内では稲作などの農業も盛んに行われているほかに、漁業も盛んに行われています。
県内には気仙沼漁港・石巻漁港・塩釜漁港という3つの特定第三種漁港などを含め142もの漁港があります。
そのため、県の水揚げ量は非常に多くなっています。
県内に複数の特定第三種漁港があるという県は宮城県のほかにはありません。
県内の漁港ではマグロやカツオ、サンマをはじめとして牡蠣やふかひれ、ホヤなど多くの水産物が獲れます。
米が海の幸の他、果物や和牛・山菜なども美味しいことから宮城県では食材王国みやぎというキャッチコピーを掲げているほどです。

宮城県の歴史

宮城県は、元々古墳時代からヤマト王権の影響を受けていた場所と言われています。
とても昔から人々が暮らしていたことで、今日まで色々な歴史と文化が築き上げられてきました。
人が暮らしている場所で切っても切れない存在となっているのが食器です。
食器は、その土地の文化や環境などによってさまざまなものが作られます。
宮城県内でも昔からさまざまな食器が作られてきており、今日まで受け継がれてきています。
そんな宮城県内でどのような食器が現在まで作られてきたのか見てみましょう。
食器を知ることで、食器を通してより宮城を知ることができるでしょう。

仙台・石巻がある宮城県で作られる食器とは

         

鳴子漆器


宮城県内では、仙台や石巻をはじめとして食器が作られていますが、伝統的な食器の1つと言われているのが鳴子漆器です。
この鳴子漆器が作られ始めたのは江戸自体からだと言われています。
当時その地を治めていた伊達敏親氏が塗師と蒔絵師を京都に送り修行をさせ、その技によって漆器づくりをさせたことから宮城県でこの食器が作られるようになったと言われています。
鳴子温泉に訪れる人が増えたことによって、最初のうちこそ近郷の人にしか広まっていなかったこの食器も、湯治客の訪れによって市場が広まり、多くの人が使うようになりました。
鳴子漆器では主に、汁わんや菓子器・重箱・花瓶・丸盆などの食器が作られています。



仙台堆朱


仙台堆朱は、名前の通り宮城県仙台市で主に作られている食器になります。
もともと、堆朱をつくるための技法は、中国で生まれたものでそれが鎌倉時代かた室町時代の間に日本に伝わったと言われています。
宮城県仙台市で仙台堆朱が作られるようになったきっかけは、漆器作りが衰退の一歩をたどっていた明治時代の末期のことです。
新潟で村上堆朱の職人だった人物が仙台に赴き、宮城県でその基礎を築いたと言われています。
一般庶民でも使えるよう、丈夫な上に扱いやすいものをつくりあげて普及させていきました。
伝統を受け継ぎ現在も愛されている仙台堆朱は、2011年にはグッドデザイン賞を受賞するほどになっています。
仙台堆朱では主に硯箱・文庫・銘々皿・菓子鉢・茶托などが生産されています。



岩出山しの竹細工


食器ではありませんが、岩出山しの竹細工も宮城県で生産されている代表的な伝統工芸品の1つです。
江戸時代に、同時の岩手山第4代城主であった伊達村泰樹公が、竹細工初期人を京都から招き武士の手仕事としたのが始まりであったと言われています。
その時から今日まで300年以上伝統を受け継ぎ今も、人々に愛されています。
しの竹の皮を使って作られたしの竹細工は、水切れもよい上に水に優しい非常に機能性の良いアイテムとして人々に愛されています。

宮城県内で生産される魅力ある食器たちを知ろう

埋木細工


宮城県の仙台市や石巻市などの都市部では、漆器以外にもさまざまな食器が生産されています。
そんな宮城県で生産されている食器は複数ありますが、1つ目の食器が埋木細工と呼ばれる伝統工芸品です。
江戸時代に仙台にある青葉山から500万年という長い年月をかけて炭化した埋木が発見されたことで工夫を凝らし掻敷が作られたのがこの埋木細工の始まりです。
埋木の美しい木目や味のある光沢が気品を感じさせる作品になります。
また、埋木細工は、重量感があるのも特徴のひとつです。
この工芸品は、宮城県仙台市ならではのものであり、他の地方には類を見ない工芸品だとも言われています。



切込焼


宮城県で生産されている食器の2つ目は、切込焼と呼ばれるものです。
この食器がどのように作られるようになったのか、そういった由来に関するものは確実な文献がないということで謎が多く残されている伝統工芸品ですが、大体江戸時代の末期が切込焼の全盛期であったと言われています。
この食器の特徴としては、食器に染付がされているというもので種類としては白磁・瑠璃・砂鉄・三彩などがあります。
付けられる絵付けは素朴なものが多いのが特徴的で、わびさびが感じられる作品になっているという点です。
明治時代にはこの食器づくりは一旦廃絶されたのですが、宮城県の加美町切込畜で復活したことで現在も作り続けられています。
主に茶器や花器に加えて置物などが作られています。



玉虫塗


最後にご紹介する宮城県の食器が玉虫塗です。
玉虫塗は国立工芸指導所にて工夫を凝らして作られ、特許を得たことで制作されるようになりました。
漆器特融の木堅地下地をほどこしたのちに、前面に銀粉を蒔きます。
最後には特殊な玉虫漆を使って仕上げていきます。
なぜこのような名前になったのかについては、玉虫の羽根のような光沢を感じさせる仕上がりになることによってこの名前が付けられたと言われています。
主に花瓶や菓子器、菓子鉢や文箱などが作られています。