不要な食器を高価買取!
おすすめ買取業者をご紹介!!

イチオシ!オススメ食器買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
     
    • 使用済みやキズ・汚れのある物、箱無し、カップ1点からでも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 初回お申込みの方限定で買取金額10%アップ!
    • その他の買取対象品と合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 基本、ノーブランド食器は買取不可
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※※宅配買取の品物返送時の送料はお客様負担
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★★
      buysell
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・持ち込み買取(宅配買取は利用不可)
    買取条件 基本、ノーブランド食器は買取不可
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 24時間 年中無休
    入金方法 出張買取・持ち込み
    買取共に即日現金払い
    キャンセル 可能

ロイヤルクラウンダービーを高く売るポイント

ロイヤルクラウンダービーは、英国で一番歴史のある陶磁器メーカーです。イングランドのダービー州で創業し、ジョージ3世からは「クラウン」の称号を、ビクトリア女王からは「ロイヤル」の称号を与えられ、名実ともに世界に誇るブランドになりました。2つの称号を持つ陶磁器メーカーは英国でもロイヤルクラウンダービーだけです。

2つの称号を冠するようになってから約20年後、大きな出来事が起きます。その出来事とは「タイタニック号の沈没」です。タイタニック号の一等船室の食堂にはロイヤルクラウンダービーの食器が使われていました。当時の船舶会社から受けた注文書の原本が、今も博物館で大切に保管されているそうです。

そんな長い歴史のあるロイヤルクラウンダービーですので、高価買取が期待できる食器ももちろんたくさんあります。しかし、たとえ価値のあるものだったとしても、売る方法によっては安価で買われてしまうので注意が必要です。価値を見出せる専門家が在籍しており、食器という割れ物への安心と安全が保障されている【食器買取専門店】であれば、損することなく売却できるでしょう。ただし、一店舗だけではベストかどうか判断できかねますので、必ず複数店舗で査定してもらうようにしましょう。

ロイヤルクラウンダービーについて

ロイヤルクラウンダービーは、1750年にイングランドのダービー州にて設立されました。1775年にはその高い品質と確かな技術が認められ、国王ジョージ3世によって「クラウン」の商標使用許可という栄誉にあずかり、1890年には遂にビクトリア女王によって「ロイヤル」の名を授かり、王室御用達ブランドとなります。

19世紀初め、日本の伊万里焼との出会いから「オールドイマリ」というシリーズが誕生します。このシリーズは21世紀の今でも高い評価を得ています。その後もロイヤルクラウンダービーは様々な技術を取り入れ、自社の様式と融合させることで、他社を圧倒する華麗なデザインを生み出していきます。また、食器だけにとどまらず、1981年には動物のオーナメント「ペーパーウェイト・コレクション」を発売し、収集品のフィールドにも参入を果たしました。

1970年頃からはロイヤルドルトンの傘下に入っていましたが、2000年に現会長兼CEOのヒュー・ギブソンがロイヤルクラウンダービーを買い取ったため、現在は独立企業として福祉活動へ寄付するなど、社会貢献活動にも精力的に取り組んでいます。

このように、ロイヤルクラウンダービーは長い歴史を持っているので、数々の名作を世に生み出しています。もしご使用になられていない食器がある様でしたら、その価値だけでも確かめてみてはいかがでしょうか。