業者選びが1円でも高く売る最大の秘訣!
誰でも満足できる食器買取業者教えます

イチオシ!オススメ買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
     
    • 使用済みやキズ・汚れのある物、箱無し、カップ1点からでも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 初回お申込みの方限定で買取金額10%アップ!
    • その他の買取対象品と合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 基本、ノーブランド食器は買取不可
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※※宅配買取の品物返送時の送料はお客様負担
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
     
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!

備前焼の特徴とは

備前焼は日本六古窯のひとつとして海外からも強い人気のある伝統的な和食器です。
備前焼の歴史は非常に古く、古墳時代までさかのぼります。備前市南部で焼かれた須恵器が備前焼の発祥とされており、八世紀から十二世紀には本格的な窯が伊部地区に築かれ、それが独自の発展を進め始めました。
鎌倉時代になると窯の中で高温で焼き上げられる焼き締めが行われるようになり、現在の茶色の陶磁器が焼かれるようになりました。
焼き締めが行われた陶磁器は非常に丈夫で、落としても壊れないということで評判となりました。
この頃の備前焼は「古備前」と呼ばれて希少価値が非常に高いため、買取相場価格は数十万円以上ともなります。

室町時代になると茶道の流行と共に人気が高まりますが、江戸時代になると茶道の衰退や安価で大量生産が可能な磁器の登場により、備前焼の人気も衰えてしまいます。
茶陶の需要が減ったことにより、この頃からは以前のような水瓶や酒徳利といった実用的な陶器の生産が増えるようになりました。
この当時の備前焼は古い家に多く残っており、査定額はそこまで期待できないものもあります。

明治、大正は特に大きな変化もありませんでしたが、昭和に入ると金重陶陽という陶工により備前焼再興の兆しが見られるようになります。
金重陶陽は桃山備前の研究に取り組み、様々な創意工夫を凝らした末に桃山風備前の蘇らせることに成功しました。陶陽は人間国宝にも認定され、弟子の中からも人間国宝を輩出させるなど「備前焼中興の祖」と称されるほどの功績を残しました。
昭和七年にはろくろによる作陶を始め、以降は茶陶を中心として作品を作り続けており、陶陽の作品はどれも非常に高い買取価格が付きます。

陶陽はかの北大路魯山人やイサム・ノグチなどの芸術家とも親交があり、それも備前焼を広める一因ともなっています。

備前焼の鑑定ポイント

備前焼は茶褐色に緋色や白といった模様が混じった独特な焼き上がりとなっており、一つとして同じものができないのが大きな特徴です。
また、釉薬をかけずに高温の窯で長時間焼成する焼き締めを行っているのも特徴で、ずっしりと重くて丈夫な備前焼は使い込むほどに味が増し、茶陶や徳利、壺、水指など実用品としても愛されています。
土食器独特の土が生み出す温かみは和食器と言われて真っ先に思い浮かぶイメージではないでしょうか。
備前焼はこの和風なテイストから、煮物や刺身といった和食と非常に相性が良く、料亭や旅館でも好んで利用されます。

備前焼は歴史が長いため、年代や作家によって価値は大幅に変わります。
数千円程度で購入できるものもあれば、何十・何百万という価格が付いているものもありますので、鑑定価格もピンキリです。

古備前のような歴史的価値があるものや人間国宝作のものは特に査定額が高いため、驚きの高額買取が期待できるかもしれません。

人間国宝作のものが家に眠っている、ということはほとんどないかもしれませんが、古い家であれば昔に作られた勝ちある備前焼が残っている可能性もあるため、もしご家庭に長く保管されている備前焼があるならば一度買取査定に出されてみてはいかがでしょうか?自分では普通の古い和食器だと思っていても、実はすごい価値のある備前焼かもしれません。

備前焼は実用品として多く作られていたこともあり、作品によって価値は様々だと紹介しましたが、その分鑑定も難しくなってきます。
人間国宝でもある金重陶陽の作品ともなると高ければ数百万円の価値がつく場合もありますので、どこで査定してもらうかは非常に重要です。
本来数十万円という価値のある備前焼でも、外れの買取業者で査定してしまうと数千円から数万円の査定額がつけられてしまうことも…

そんなリスクを減らすために、買取業者の備前焼買取実績をチェックしましょう。
備前焼は多くの買取業者で買い取られている人気の和食器ですので、全く買取実績がない、ということはないでしょう。

有名な陶工の作が買取られているかもチェックポイントです。
価値が低い備前焼ばかりを買い取っている業者だと、おそらく高い備前焼の鑑定実績がないため、実際に価値のある備前焼を査定してもらった時に相場よりも低い査定額を付けられてしまう危険性があります。

備前焼の買取実績が豊富、価値ある備前焼を買取っているか、そして実際の買取経験者の評価が高いかどうかをチェックすると安心して査定に出すことができるでしょう。

査定は無料となっている業者も多いため、複数の買取業者で査定をとってもらうと買取相場額もわかり、少しでも高く売れるのでオススメです。

買取価格が高い備前焼の人気作品

金重陶陽

「備前焼中興の祖」と呼ばれ、備前焼を世に知らしめた名匠です。備前焼で初めて人間国宝としての認定を受けた人物でもあり、その作品はどれも非常に高い価値があります。
後述する中村六郎や人間国宝にも認定された藤原啓など多くの弟子を輩出しており、この人なくしては備前焼もない、と謳われるほど歴史的にも偉大な人物です。
買取価格は最低でも数万円、高いものであれば百万円以上ともなります。
茶陶を主として作っていたため、茶道具の作品が多くありますが、それ以外のものでも高い査定額が期待できるでしょう。

中村六郎

陶陽ら有名作家と親しい父を持ち、その影響で陶芸を始めた岡山生まれの陶芸家です。
金重陶陽の弟子でもあり、藤原啓、山本陶秀らとともに陶陽と親交のある北大路魯山人の技術を学んだと言われています。
徳利や酒器、茶道具などが多く、野性味あふれる作風として高い人気を誇っています。
備前の観音土を使った特徴的な深い緋色は「中村家の緋色」とも言われ、多くの愛好家がいます。
「酒器作りの神様」「酒器作りの名人」とも呼ばれ、中村自身も酒好きなのも相まって多くの酒器を残しています。
その呼び名から徳利などの酒器が人気ですが、その他の作品も多く、どれもそれなりの査定額が期待出来ます。