不要な食器を高価買取!
おすすめ買取業者をご紹介!!

イチオシ!オススメ食器買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
     
    • 使用済みやキズ・汚れのある物、箱無し、カップ1点からでも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 初回お申込みの方限定で買取金額10%アップ!
    • その他の買取対象品と合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 基本、ノーブランド食器は買取不可
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※※宅配買取の品物返送時の送料はお客様負担
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★★
      buysell
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・持ち込み買取(宅配買取は利用不可)
    買取条件 基本、ノーブランド食器は買取不可
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 24時間 年中無休
    入金方法 出張買取・持ち込み
    買取共に即日現金払い
    キャンセル 可能

ノリタケを高く売るポイント

ノリタケは、1904年創業の陶磁器メーカーです。愛知県名古屋市西区則武で創業したことからこの名前になり、創業時の社名は日本陶器合名会社で現在は株式会社ノリタケカンパニーリミテドとなっています。

ノリタケといえば、創業から戦前までに製造された「オールドノリタケ」です。日本だけでなく海外にもコレクターが多くいるので、高価買取が期待できます。

長い歴史のあるノリタケの食器は、身内がコレクションしていたというご家庭もあると思います。しかし、当人が他界して持て余しているなどといったケースも少なくないのではないでしょうか。そんな時に少しでもお金になればと思って、近所のリサイクルショップに持って行ってもほとんど値段が付きませんよね。それならとインターネットオークションなどに出品してみても、よっぽど価値の高いものでない限りは反応が良くなかったりするのが現状です。その上梱包が手間だったり、発送中に割れてしまってトラブルが起きることもあります。

そういった不満や心配を抱えたくないという方は【食器買取専門店】で売ることをおすすめします。価値を熟知した専門家が適正価格で買い取りしてくれますし、出張買取なら自分で梱包しなくて済むので非常に楽です。買取価格も満足できると思いますが、お店によって差があるので、複数店舗で比べてからベストなお店を選ぶことが高く売るポイントです。

ノリタケについて

ノリタケは、パリ万博で白くて美しい洋食器と出会ったことからその歴史が始まりました。そして1914年、20年もの歳月を費やし、遂に日本で初めて白色硬質磁器を用いたディナーセットを完成させます。また1932年には、こちらも日本で初めてのボーンチャイナの開発にも成功します。ノリタケはこの二つの素材を使い、主力商品を数多く生産していきました。

ノリタケの魅力を語る上で外せないのが「美」への探求心です。妥協を一切しない物作りは、人々の心を捉え魅了してきました。「金彩」、「エナメル盛」、「盛上」、「金盛」、「玉子ボカシ」など、数々の精巧な技法は今も受け継がれ、新しく美しい食器を生み出し続けています。

白磁でもボーンチャイナでもない、クリーミーなやわらかい色味の「クラフトーン」や、輝きを放つほどの白磁に金彩を施したエレガントなデザインの「ダイヤモンドコレクション」などは、廃盤になっているので希少価値が高くなっています。その他、リニューアルされているシリーズもあり、リニューアル前のものは買取価格が高くなっています。


食器はワレモノですので、大事に扱っていても割れてしまうこともあります。そうなる前に早めに食器買取専門店で買い取ってもらいましょう。